由緒

観音寺の創始

臨済宗永源寺派で寺記の明治26年書上帳によると
寛文年間(1661〜72)旧本地上村寺迫(美山町附近)に創始したと言われる。

観音寺の変遷

  • 元禄元年(1688)松平石見守の祈願所となる。
  • 喝禅や宝山が江戸時代中期頃中興する。
  • 安永9年(1780)から住職が定まる。
  • 寛政5年(1793)本堂が再建される。
    (7世孝順尼の代)
  • 再建された本堂は明治14年9月13日(1881)台風で倒壊。
  • 同17年、仮堂として現本堂を再建。

たたずまい

寺地は本地町の集落の中の台地上にあって南面しており、南と西隣は低く、南西に眺望が開ける。前面の郷中の道路から石段を登って本堂の正面に斜めに達する。



臨済宗永源寺派:稲葉山観音寺

  • 〒471-0848
  • 愛知県豊田市
  • 本地町6丁目80番地
  • Tel 0565-32-4527
  • Fax 0565-32-4526