お盆について

お盆

正式には盂蘭盆会(うらぼんえ)と言って、生前過ごした家に帰ってくるとされる祖霊(先祖の霊)や亡き近親者の霊を迎えて供養する行事です。

お盆の時期

新盆は新暦、旧盆は旧暦の7月13日〜16日をお盆と呼びます。
関西を初め西日本の地方では月遅れの8月13日〜16日の間に行われます。

初盆(新盆)とは

故人が逝去後初めて迎えるお盆を初盆(新盆)と言いますが、忌明け法要前や忌明け後幾日も経っていない時は、翌年のお盆を初盆(新盆)とします。特に新盆には身内や親しい方を招いて、僧侶にお経(棚経)をあげて貰うなど盛大に行われます。

新盆供養の出席者は、お供え金(御仏前・御供物料)やお供え物(御供・御供物)を贈ります。

お盆の『供養の仕方』

7月12日
「精霊棚」を設け仏壇をキレイにします。
7月13日
「迎え火」を焚いて祖霊を出迎えます。夕食後住家の門前で火を麻の柚木に点火して其の火をローソクに取り仏壇へ火を導きて其の火で仏檀内の燈明、線香等に火をうつします。
7月14・15日
精霊棚にお供えを飾り供養をします。
7月16日
浄土への道しるべとなる「送り火」を焚いて送り出すという習わしになっています。朝食供養後川辺にてローソクや線香(線香のみにても可)に点火して精霊を送ります。

『精霊棚』の作り方例




お盆期間中の『霊供養膳の献立』


一般にはソーメン、おはぎなど、家族が食べる食事の一部を供えたり、故人の好物を供えたりします。また、新盆のお供え物は、別にすることがしきたりです。

日程献立
13日(晩)御飯、ササゲ煮干(小豆でも可)、お茶、お水
14日(朝)おはぎ(又はモチ)、ナスビのシタシ、お茶
14日(昼)御飯、アラメ揚豆腐の煮合、白豆腐味噌の汁、奈良漬(又はちらしずし)
14日(午後3時頃)スイカ
14日(晩)御飯、煮〆(高野豆腐・シイ茸・湯葉)、南京の煮付、奈良漬
15日(朝)白蒸、キビ団子、米団子、蒸芋
15日(昼)素麵(昆布とシイ茸の出汁)、柚少々(柚無でも可)
15日(午後3時頃)わらび餅
15日(晩)茶飯(茶を入れて炊くこと)、ノッペイ(里イモ・干瓜・シイ茸・ゴボー・カタクリ・昆布の出シ汁)、奈良漬、お茶

朝精霊送りする場合

日程献立
16日(朝)米車団子(米の粉にてシンコノ団子をつくる)、お茶


臨済宗永源寺派:稲葉山観音寺

  • 〒471-0848
  • 愛知県豊田市
  • 本地町6丁目80番地
  • Tel 0565-32-4527
  • Fax 0565-32-4526