永代供養墓(納骨堂)

永代供養墓


[「えいたいくようばか」あるいは「えいたいくようぼ」]

お墓参りしてくれる人がいなくても、代わりにお寺が責任持って永代にわたって供養と管理をしてもらえるお墓です。

一般的に他の人と一緒の墓あるいは同じ納骨堂に納骨されることから、合祀(ごうし)墓、合同墓、合葬(ごうそう)墓、共同墓、集合墓、合葬式納骨堂などとも呼ばれています。

永代供養墓のQ&A

永代供養墓の納骨はどのようにされるのですか?

永代供養では次のような方法により納骨されます。

  • 合祀(ごうし):最初から遺骨を骨壷から出して1ヵ所にまとめ土に還す(合祀墓と言われています)
  • ある一定期間まで、納骨壇あるいは棚に骨壷のままお骨を安置する
  • お骨を分骨し一部を一定期間あるいは永代に安置し、残りのお骨は合祀する

先祖代々のお墓ではなく、永代供養墓にするメリットは?

お墓参りしなくてもお寺が責任を持って永代にわたって供養と管理をしてくれる
墓石代がかからない(個人墓の場合を除く)
墓地使用料が割安になる
過去の宗旨宗派は問われない
宗旨宗派にこだわる必要がない

費用やお布施はどうなりますか?

一般のお墓では、一式料金で10万円〜形式です。納骨方法によって料金はまちまちですが、30万円から50万円ぐらいが平均と言われています。
一式料金を一度支払えば、その後管理費、お布施(お塔婆代など)寄付金など 一切費用はかかりません。

生前申込みも可能ですか

可能です。観音寺では生前での受付も承っております。

詳しくは、電話またはメールフォームよりお問い合わせください。



臨済宗永源寺派:稲葉山観音寺

  • 〒471-0848
  • 愛知県豊田市
  • 本地町6丁目80番地
  • Tel 0565-32-4527
  • Fax 0565-32-4526